専属調査チーム

野立看板.comでは、屋外広告の「専属調査チーム」を設けており、
日々お客様の調査依頼に対応しております。
屋外広告の専門家が効果的な看板設置場所を精査・交渉・開発いたします。
野立看板.comでは、屋外広告の「専属調査チーム」を設けており、日々お客様の調査依頼に対応しております。
屋外広告の専門家が効果的な看板設置場所を精査・交渉・開発いたします。

“専属調査チーム”のメリット

専属調査チームを設けているメリットとして、営業担当者と密に連携する事で、お客様のニーズを把握した現地調査が行えます。
また、設置前の予測と設置後の結果を共有させていただくことにより、将来的な戦略のご提案も可能となります。
野立看板.comでは、最適なメディアプランを実現いたします。

調査内容

野立看板.comでは以下のような流れで調査・交渉を行います。

現地状況確認

お客様からのご要望、ご依頼をもとにロケーション調査をいたします。
付近の主要道路や交通状況などを確認の上、広告に効果的なポイントや動線を精査します。

屋外広告物条例に基づく地域確認

全国の土地には都道府県で定めた用途地域設定があり、屋外広告の設置ができないエリアがあります。
そのエリアを除いた設置許可地域を確認の上、最適な設置場所を調査致します。

地権者様へ広告の設置交渉

効果的な広告効果が得られる様にポイントや動線を選定、
そこにある地権者様やビルオーナー様より広告設置承諾が得られる様、
交渉を行ないます。
お客様と地権者様を取り持ち、スムーズな広告掲載が実現します。
効果的な広告効果が得られる様にポイントや動線を選定、そこにある地権者様やビルオーナー様より広告設置承諾が得られる様、交渉を行ないます。
お客様と地権者様を取り持ち、スムーズな広告掲載が実現します。

エリア別 調査ポイントの傾向

これまで行なってきた調査結果の傾向を一部ご紹介いたします。

商店街などの商業エリアでは、道幅が狭く、自立した看板を立てるスペースの確保が困難です。
壁面看板や電柱広告など建築物へ広告掲載するケースが多く見受けられます。
高速道路では走行車線の位置が高いため、
主にビル等の屋上に大型の媒体を設置することで視認性を確保。
高速道路では走行車線の位置が高いため、主にビル等の屋上に大型の媒体を設置することで視認性を確保。
交差点や踏切付近では、渋滞や歩行者の滞留が発生するため屋外広告はより効果を上げられます。
誘導案内を目的とした屋外広告の場合、容易に誘導を行なえます。
駅前のロータリーは歩行者とドライバーの両方ともトラフィックが高く、多くの広告接触数が期待出来ます。
不特定多数の方への商品周知や企業広告に利用されます。
屋外広告の調査・相談は無料です。屋外広告の専門スタッフが対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら